トップイメージ
商店でみなのカードが切れるわけでもない◆クレカの加入店舗は多くは多くのカード会社と契約していますがいかんせんどれもの加盟店で全部の会社の決済できるのでもありません。つまり昔からある商店の場合にはJCBマークの書いたそのクレジットカードしか使えない場合もあるし最近の契約店舗の場合だとVISAとかMasterCardのブランドの書いてあるカードだけしか使用不可な場面もあるでしょう。銀聯などのクレジットカードの場合さらに切れないショップが増えるんじゃないでしょうか。どのロゴの所有クレカが決済できるかをいかなる方法で判断したらいいんだろう「ならばどのようにしてどのカードが使用可能かというのを判断するといいのか?」という質問だけど本当のところを知るためにはお店の店員に見せてみる以外にはないていうのが実のところその答えです。ただし大抵の店やショッピングセンターには店舗前の入口のところなどに決済可能なクレジットカード会社の印がプリントされた認証マークが貼られている理由から、「そうか、ここのお店ではアメックスが使用可能なのか」というのが迷わないようになっているため確認しておいていただきたい。とはいっても、きっちりと管理が行き届いていないショップで決済する場合には、ロゴシールが掲載されている店舗でも「当店舗ではご提示いただいたカードは決済いただけません」という答えをもらってしまうなどという状況もあるためとまどってしまうこともなくもないです。欲を言えば可能な限りより多くの加入店舗で使えるようにするためにも、もう一つのマーク(インターナショナルなマーク)が書かれている一般的なダイナースカード、アメックス、というようなクレジットカードを複数枚携帯するようにして欲しいと思います(例:ライフカードを携帯しているなら二枚目はダイナースカード付属のクレカを携帯するようにするなど)。とりわけ国内では、VISAカード、マスターカード、JCBの3つのカード会社が書いてあるクレジットカードをその都度使っていれば、よほどのことがない限りすべての加入店舗でなにがしかのカードを使用する機会があります。カードをいつも財布に忍ばせて有効に節約を目標とするのであれば、早いうちに少なくともこの3枚のカードを使えるようにしておいていただくことをお勧めします。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.priprishrimpers.com All Rights Reserved.