トップイメージ
週刊誌の広告、スポーツ紙、街角にあるビラや郵便広告などで「借金の片付け任せてください」「負債をまとめませんか」などといった売り言葉を見かけることが多いです。そういったものは、「整頓屋」「買取業者」「つなぎ屋」という俗称の悪徳企業の宣伝のときもあるということなのです。そのようなものを頼んだときには破産申立の流れの中で最優先の免責許可を得られない恐れがありえます。「整理業者」の場合、ビラなどで債務者を集め、高額の料金を要求して整理をするのですが結局のところ負債整理はなされず、負債人はより借金スパイラルに陥ってしまう場合が9割方と言ってよいでしょう。「買取業者」は負債者のクレジットでデジタル用品、電車の券を大量に購入させて債務人から買った物品を購入額の2割〜半分で購入するというやり方のようです。当人は短期には金が増えますが、いつかカード企業からの商品の請求が送られてきて、結局は負債額をアップさせるだけです。この場合だとクレジットカード企業へ犯罪とされてしまい免責許諾を受けられなくなります。「紹介者」では、著名な貸金から貸してもらえなくなった借金者に関して自分では融資はしないで、貸出を可能である違う貸し手を呼び出し、高い紹介料を受け取るグループです。紹介業者は自らの経由で融資可能となったかのように会話しますが何もしないまま、シンプルに審議の通りやすい企業を教えているだけなのです。このケースも借金額をアップさせることになります。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.priprishrimpers.com All Rights Reserved.