トップイメージ
自賠責保険は正しくは自動車損害賠償責任保険と言い、略すと自賠責保険と言われる保険になります。この自賠責保険は通称強制保険とも呼ばれていて車を定期車検に出すときには、定められた車検期間に有効な自賠責保険に入っている必要があります。要はすべての自動車に加入が義務づけられている保険ということです。では自動車に自賠責保険がついたまま売ったケースではどうでしょうか。強制保険(自賠責保険)は車検の際に更新をすることが少なからずあったりしますが、仮に自賠責保険に入っている車を売却した場合は払った金額が返還されるという事例はほとんどないでしょう。なぜなら、自賠責保険の効力を一旦なくして次の買取相手にシフトするのはやや手間がかかるのです。ですから、自動車損害賠償責任保険というものは、名義変更後に車とともに手放すことが基本です。ただし、それと同等の金額を商品代に乗っけてくれるものです。自賠責保険というのは自動車税と違って支払い済みの保険額を月々で割り算した金額が戻ってくるのではなく査定額に足すといったような方法がとられることが通常ではありますがこのことが査定書に明記されるケースは稀です。ですので買取のときは自動車損害賠償責任保険を考慮した金額が売却額に反映されているかを確認する必要があります。自らが納めた保険料がどの程度かをわかっていれば大丈夫と思います。それぞれの自賠責保険にかかる保険料については加入していた期間で異なるものですから、注意が必要です。クルマの処分の時には自賠責の名義を変更することを忘れずに。これをせずに放っておいたら、保険業者からあなたに保険の満了を知らせる便りが届くことになります。あなたの車がほんの少しでも無駄なく売却できることを応援してます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.priprishrimpers.com All Rights Reserved.